FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

カテゴリー

ダム・カドモン身体完成に至る道! 

Cosmic body

[edit]

「契約の棺」と茶道の精神  

↓ 画像をクリックすると拡大します。
b0140046_2053346.jpg

(茶室についての補足説明)
  茶室に客人を招き入れる小さな入口=躙口(にじりぐち) 【高さ・幅が60cmほどの】から、極端に狭い茶室(二畳ほどの空間)に入ると、客人は思わず息が詰まる程の閉塞感に襲われる。そして、すぐさま非日常空間だと直感する。

それは普段、人がコミュニケーションをとる場合、一定の空間を保つことが必要だからだ。それを心理学では、プライベート空間(パーソナル・スペース)といって、その距離を保つことが、そのまま自分自身の精神的な安心感につながるからだ。

例えば、その距離にも色々あり、人間関係の密度にもより、その密度がそのまま距離に換算できる。

1.■ 45~120cm → 友人やある程度の親しい間柄の距離。
2.■ 120~360cm → 付き合い程度の社会的な距離。
3.■ 360cm以上 → 見知らぬ他人との距離。

この距離から判断すると、二畳の茶室はちょうど、1.■の45cm程度の距離だと理解できる。客人からすると、おそらく、2.■以上の距離が欲しいところだ。しかし、茶室はこの掟破りの距離感覚を直接客人に与えてしまうため、パーソナル・スペースが破られる。

ここに私が、非日常空間と呼んだ理由がある。

--------------------------------------------------------

〔 所 感 〕
  もうじき地球と人類がアセンションする時期に、昨今のニュースでも取り沙汰されているように国の周辺海域での領有権の主張が目立ってきている。本来であれば、人類が自我をいち早く手放し、共に相和さなくてはならない時期に、自我の暴走が際立っていることは、本来の道を逆走していることになる。

自己と他者、自国と他国、いずれも相対世界の調和は人類にとっては至難な技といわざるを得ないのか?人類が神の元に集う心ある同士を「契約の箱」として、この時期に用意した。神の元に集う者は、自我を超えた神の愛に基づく魂以外は救済されないということを知らなくてはならない。「契約の箱」は、相対世界のユニットを一つに結ぶ原理であり、そのための「雛形」でもある。

この対の単位は、例えば自己と他者だったり、あるいは男と女、ミクロとマクロといった相対的な極を結ぶことで全体へとつないでいく原理であるため、その二極が結ばれることで人類一体感の領域へと運ばれる。この領域こそ、地球の魂(惑星モナド)と人類魂を一つにすることのできる聖域でもあるのだ。

要するに、二人の魂が宇宙神を介在し、一つに結ばれることで全人類の魂の場へとつなぐことができる。そのような仕組みが隠されている。ここに「契約の箱」が集合世界の最小単位として二人のケルビムが互いに向かい合い、礼を交わす姿で象らしている。

「次元空間船」は、その意味で、「契約の箱」の原理を内包している。もうじき、「内部マトリックス」(子宮内宇宙)から「外部マトリックス」への移行(出産)は間近に迫っているのは事実であり、そのためのイニシエーションが現在始まっている。この時期は、争うことなく静かに内省し、生かされている意味、また新たな世界へ再生する意味を考えよう。

--------------------------------------------------------

〔 所 感 2 〕
  もう一つ、プライベート空間について話をすると、「次元空間船」 に乗船したばかりの人が、まず最初に直面するのが、 プライベート空間の問題である。これは、一般的な肉体レベルでのプライベート空間ではなく、コーザル体レベルでのプライベート空間の問題が立ちはだかる。この ”コーザル体レベルでのプライベート空間” とは、聞きなれない言葉であるが、実際にある特徴を持った形で存在している。

例えば、コーザル体レベルとは魂を包む「鞘」のことであるが、この「鞘」には、アストラル体やメンタル体といった低次な感覚とも直接連動しているため、人によっては、このプライベート空間をコーザル体レベルで作り出す人がいる。

これは、一種の体質でもあるが、この違いはコーザル体と連動している低次な感覚中枢の密度が高いということである。そのため、乗船したばかりの人にとって、立ちはだかる 「第一の壁」 となる。それらの人たちは乗船した瞬間に、”やけに窮屈に感じる” という感覚に襲われる。

これは、いうなれば個体意識を持ったまま乗船すると、他の乗船者のコーザル体と接触してしまうケースがあり、やけに窮屈に感じる人もいる。これを解消するためには、コーザル体の低次な部分であるアストラル体やメンタル体といった感覚中枢との密度を徐々に薄めていくという方法がある。このような体質は、”自己意識を強く持つ” ことによってつくられた体質と考えられる。

これは一般的な、”自我が強い人”というのとは若干の違いがある。要するに、このような体質がつくられた背景には、自己意識を受け持つ、要素としてのメンタル体の事象(拘り)や、アストラル体の責任感からくる自己を強く意識する感情など、それらの結びつきがあるため、このような体質がつくられるのである。

このような体質を薄めていくには、これを作り出した原因である ”自己意識を外す” ことと、”責任感からくる拘りを外す” ことに意識を集中していくことが大切である。これによって、”時空間因果律の発生”を抑え、因果律の鳥餅に絡みつかれることのない体質に改善されるのである。

『神智学大要』によると、低次な霊界であるアストラル界層の住人が、高次な霊界であるメンタル界上位に移行するためには、アストラル体の衣を脱ぎ捨てることが条件となる。このような住人は、感覚的な執着や拘りを完全に捨て去ったことにより、アストラル体の衣を脱ぎ捨てることができたと考えられる。

これと同様なケースが、「次元空間船」 内の 「内部マトリックス」にも当てはめることができる。また、「次元空間船」は、「契約の箱」とも深く関係しているため、乗船するためには、どうしても「自我の死」を通過する必要がある。そのため、「契約の箱」は、「契約の柩」とも呼ばれていているように、「柩」とは死者を入れる「お棺」だ。

つまり、ユダヤの「契約の箱」の奥義とは、相対的な二元性をもって、この二元性を超えることにある。要するに、箱の上蓋に安置されている二体のケルビムは、二元世界を象徴しているが、「死」を通過することで、宇宙の一元世界に辿りつくことができる。今まで、個体意識を生かしていた「内部マトリックス」の時代から、宇宙意識を生かす「外部マトリックス」の時代に移行しつつある。

無限の世界に同調するための 「鍵」 は、自我を(外す=死)ことが条件となる。それにより、「外部マトリックス」への移行が可能になるが、その後、新生「内部マトリックス」に移行する。そこでの同調は、覚醒された宇宙の集合意識である5次元の「共同超意識」の中で住まうことができる。


[edit]

魂の進化と、宇宙神である中心座標上に示された距離とは! 

2box_2boll-座標軸

 宇宙創成の瞬間、光と共に宇宙創造神が宇宙を創造し、無数の銀河や恒星、更には惑星群を生み出した。それらの惑星が安定期に入ると、惑星上に生命が生息できる環境が整うことで、次に生命を生み出し、最終的に知的生命である人間を創造した。

そのように、知的生命が発生することによって、宇宙に多くの生命魂が放たれた。そこで、それぞれの生命魂が進化の道のりを自らの意思で歩み始めると、それぞれの生命魂は神の位置という根元領域に向かって、進化の道のりを歩んでいく。その進化は無限に近い時間をかけ、多くの転生を経て行きながら進化していく。

新しく生まれた魂たちは、古い魂に比べると、進化のスタート地点に立ったばかりであり、それだけ多くの魂たちにとっては常に進化の途上にある。それら進化の段階を示す定位置は、自然と宇宙座標の中で定まってくるのだ。それを「天位」というが、その「天位」はどのように定まるのか?!それは、宇宙創造神の中心座標から、どれだけの距離があるかで、その距離に応じた位置が定められ「天位」が決まるのだ。

それは、人間だけに限らず、多くの生み出された銀河系や恒星、更には、それら惑星群なども人間と同様に神の領域へと向かって進化していく。また、宇宙における知的生命が別の惑星には存在しているが、それら異星人たちも我々と同様に高度な文明を築き進化している。しかし、未だ多くは進化の途上にある。古い魂で、進化が比較的スムーズにいった生命体の中には、進化の極みである宇宙魂のレベルに達した知的生命体もいるのだ。

比較的、地球人に近い段階にある異星人たちも、我々地球人以上に進化はしているが、それでも神の眼から見ればある一定の距離があることには変わらない。それらの違いは、精神の平衡、すなわち愛と叡智のバランスにあるという。中心座標に近づけば近づくほど、その分だけ宇宙とのズレが無くなる。それら距離の近い・遠いは、生命魂の持つバランスに応じた状態が、「天位」として表われてくる。

多くの地球人を見ると、中心からの距離が大きく離れており、それだけ宇宙とのズレ幅が大きくなっていることが分かる。何故なら、ズレ幅に応じた分だけ距離が大きく、進化の遅れを示しており、そこだけ見ても低い魂群ということになる。

図では、「B」で示した地球人を含む多くの生命魂は、宇宙の中心座標からかなり離れた位置にあり、その分だけ0フィールドから見てズレ幅が大きくなっている。

ここで中心座標には同心円状に、二重の球体が覆っている。
先ず、中心に近い位置に、赤色で示した球体が存在し、それは神の中央霊太陽という普遍的集合魂からなる。銀河系に例えると、セントラル・サンに対応し、これは精神的な表現で言うと、宇宙の普遍的愛=アガペーの愛と理解すればよいだろう。この球体に、多くの生命魂が自らの魂であるコーザル体を合一させてくる、最終的に、完全なる中心座標=0フィールドの位置に達すことで、宇宙神との合一を達成する。

○「A+」で示した生命魂が、宇宙の普遍的愛と合一した魂である。

次に、緑色で示した球体が外側を覆っており、これを神の身体に喩えるとアダム・カドモンの身体フィールドである。
これは、赤で示した中央霊太陽とは対照的に、魂に対する身体性として理解すればよい。このフィールドのバランスを整えることに成功した生命体は、宇宙や自然界の精霊と合一できる周波数帯に入ったことを示している。逆に言えば、大自然の精霊や元素霊の世界に合わせることで、生態フィールドのバランスが整う。

○「A-」で示した生命体が、自らの身体フィールドを通して、自然界の精霊や元素霊の世界に完全合一し浸透したことを示す。

そして、最後にマトリックスの立方体は、時空間を示す「箱」であり、それは時空間のバランスを取るためのチェンバーと理解すればよいだろう。要するに、身体フィールドは時空の海に漂う光の繊維でできており、この繊維状の物質は精神的ストレスなどによって、かなり歪んでしまう。要するに、身体は微細な状態では肉眼で確認することはできないが、絶えず空間の中で漂っており、光の波動で激しく振動してる。

地球人の多くは、無自覚的にストレスなどの想念を習慣化しているため、次第に乱れた波動が素粒子レベルで歪んだ身体細胞を作り出し、しまいには「癌」などの様々な疾病を引き起こす原因にもなるからだ。

そこで、その歪みを修正する調整装置であり、これはちょうど、潜水夫が急浮上することによって、潜水病のような症状に見舞われた時、一時的に潜水時の再現として水圧を減圧するためのカプセルに入って徐々に減圧していく。これにより、潜水病の症状を緩和していく訳だが、これとよく似た装置であり、いってみれば時空の歪みを修正するための緩和装置と考えてもよい。


[edit]

2017年 年賀 

A02.jpg
年賀状のデザイン
”暗夜から新しい朝が到来し、鳳凰となって天高く神の元に羽ばき行く!”


[edit]

宇宙創造の意思は、宇宙を六方向に封じ創造の場を設けた!  

6C
イデアの箱(イデア空間 = OUTER MATRIX)

 今回は、ややマニアックな内容になってしまったが、ここ最近になり『次元空間船』の働きの結果、地球自体の生命力が以前よりも増して活発になり新鮮なエネルギーを蘇らすことに成功した。その結果、地球構成体自体の創造に一歩前進することに貢献できた。これら地球のステップアップは、そのまま人類のエネルギー的身体の成長にも拍車をかけることとなった。

そのコズミックな身体成長の目標とすべき「型」となったのが宇宙のイデア界に存在している人間を創造したときの設計図「アダムカドモンの身体」(人体のテンプレート)である。ここ最近の発展は、人類の集合的な身体がこの宇宙のテンプレートを受肉しつつある段階にまで成長してきたということだ。

このテンプレートは、イデア結晶体から成るアダム・カドモンとして完成しつつある中で、これと一緒に形づくられるのが、宇宙創造のための空間構造体(BOX)システムである。これを宇宙創造の母体といい、文字通り「MATRIX」であるが、これら身体システムと併行して形成されて行く仕組みがある。これらの空間は、以前から『次元空間船』の働きとして紹介してきたが、更なる極みの空間へと次元移行するための場が完成しつつあるので、ここに紹介したい。

これら 「宇宙創世の仕組み=MATRIX」 について若干ではあるが、これに触れた文献がある。ずいぶん前に、霞ヶ関書房から出版されたM・ドーリル博士著の『カバラの真義』である。これを参考文献として一部引用しているので参照されたい。

創造の意思にとって、先ず最初に宇宙創造の場を設けるための、一定の空間をつくる作業に取りかかった。この作業は、総てイデア的な思念によって空間を六方向に封じることで入れ物(空間)を設定した。何故なら、空間を設けることで、その中に宇宙を創造しようとしたからだ。この六方向に空間を閉じる作業については、イデア言語であるテトラグラマトンの四文字をある手法によって用いた。具体的にいうと、四つあるテトラグラマトンの内の始めの3文字(ヨド・へー・バウ)によって形づくられた。

聖なる四文字=テトラグラマトン

通常、テトラグラマトンは四文字あり、神聖なる四文字として=(ヨッド)YOD・(ヘー)HE・(バウ)VAU・(へー)HEからなり、ヘブライ語の4つの子音としてヤーウェまたは、エホバを意味し、古代のヘブライ人にとって、ある宗教的な儀礼から神の名を安易に口に出して言うことを硬く禁じられていたため、アドナイと読み替えていた。これを Y・H・W(V)・H で表わし、創造の意思はこの4文字のうち、最初の3文字をそれぞれ組み替えて空間を六方向に閉じた。

最初に創造の意思は、先ずホアという宇宙創造の源泉(七次元)から、力を引き込みイデア言語である(ヨッド)YOD・(ヘー)HE・(バウ)VAUの3文字を活用し、六方向に放った・・・

上を見て、(Y・H・V)にて高さを封じたまえり。
下を見て、(Y・V・H)にて深さを封じたまえり。
前を見て、(H・Y・V)にて東を封じたまえり。
後を見て、(H・V・Y)にて西を封じたまえり。
右を見て、(V・Y・H)にて南を封じたまえり。
左を見て、(V・H・Y)にて北を封じたまえり。

これにより、立方体である正六面体が形作られた。この立方体は、六次元の内部障壁によって閉じられた。この閉じられたことで、外部の有害な闇(アビス)の侵入を防ぎ、同時に空間内部に生み出された生命(エレメンタル)を守る働きにもなった。つまり、空間構造体の外部の闇は、創造の意思にとって宇宙創造が始まる以前の暗黒の闇であり、創造神にとっての無意識的領域を象徴していた。このように六方向に空間を閉じた訳だが、宇宙には地上のような東西南北という方位がないので、上記にある方位については、あくまでも便宜上設けたということ。

実は、ここにはある秘密が隠されている。つまり、宇宙の虚空に浮かぶイデアの空間構造体を形つくるときに、東西南北という方位を設けた理由は、ある宇宙の法則的原理からきている。それは、地球の大地であるマルクトを原点にして、創造をスタートしたからである。このことは、存在が地球の全ての実質である四大元素を吸収し、同化したことで第五元素であるイデア結晶を抽出しアダムカドモンの身体を形づくった。その結果、質量を透過しイデアの空間構造体を浮かび上がらせることに成功したからである。

これら六次元からなるイデアの空間構造体は、宇宙創造の母体(MATRIX)としての「アレク大空間」を顕現させた。最初、テトラグラマトンの神聖四文字の内、始めの3文字である(ヨッド)YOD・(ヘー)HE・(バウ)から、六方向を封じて空間構造体を形成させたが、四文字の最後の(ヘー)HEは、完成した空間構造体であると同時に、空間構造体の中心に重心として位置ずけられた二つの音階 「ド」 の(絶対の意思)で満たされることとなった。これら二つの形成物については、カバラの10個あるセフィロの最後のセフィロトである大地を表わすマルクトとして定義付けた。

二つの形成物である空間構造体の対角線上にある「ド」(色分けしている)と、その中心の重心「ド/ド」は、同じマルクト(大地)として位置付けているが、この大地は通常の地球の大地にはあらず、むしろ新しい地球の大地といったら良いだろう。これらの大地は、イデア結晶 「第五元素」 からなる大地を意味し、譬えていうならば、神の預言として語り継がれてきた『神の千年王国』と深く関係している。

これら『神の王国』と言われる所以は、六次元から成る「アレク大空間」として宇宙創造の母体(MATORIX)機能を持ち、そこは無限の時間性 / 空間性が支配する極めて静寂なる神聖空間でもあるからだ。この「アレク大空間」は、別名:イヨッド(I・YOD)ともいい、宇宙の秩序がいまだ形成される以前の混沌空間として、宇宙がまどろみの休眠状態にあり、そこから光の到来と共に意識は目覚め、新たな宇宙サイクルが生まれる。現在の宇宙サイクルは、第七サイクルの終わりに来ているが、これから新たな宇宙サイクルが始まろうとしている。

この「アレク大空間」については、地球の中心核にある神聖なる空洞=アメンティーのホールと直接、同期しているので、ここに意識を合わせることで、地上にある窮屈な時間と空間の障壁をすり抜け、宇宙の無限時間 / 無限空間が支配する異次元領域に入ることができる。ここは、別名『死者の間』といって、エジプト『死者の書』でも「アテメントの入江」として紹介されている。

実は、このアメンティーのホールの無限時間性と「死」 。または、「宇宙の休眠」や、生命の癒しである「休息」とも深いつながりがあることが解る。前回、紹介した『クリスタル・スカル』や 『契約の柩』、更には『エメラルド・タブレット』とも深く関係しており、人類がアメンティーの空間領域へ次元移行を促すための道標になっている。更に言うならば、旧約聖書に『契約の柩』と共に登場した、『ノアの方舟』伝説も、これら『次元空間船』または、空間構造体である 「MATRIX」 と深く関係している。何故なら、『方舟』の『方』とは方形すなわち、「立方体構造」を意味しているからである。

これら『ノアの方舟』伝説は、洪水によって地上の殆どの生命が飲み込まれ、種が絶えてしまうという神のお告げによってノアは立ち上がった。そして、設計図通り、船を組み立てて地上の種である多くの動物たちを船に乗せ、大洪水に備えた。という 『旧約聖書』上の伝説であるが、これらは当時、実際にあった出来事であるにせよ、あくまでも譬えであり、本格的には、2013年以降に起こる次元変換の出来事こそが、本命なのであり地上の全ての生命にとって大いなる試練〔出産〕を迎えることとなる。

宇宙の出産は、羊水をたたえていた子宮が遂に破水し、胎児は別の次元領域へスライド(出産=押し流される)することになる。このように、この時期のための比喩が数多くあり、私はこれらの内容をくまなく集め、これから起こるであろう現象と対比させながら、一人でも多くの人に理解して頂くため試行錯誤している。

これら空間構造体である「MATRIX」の形成が促進しつつある中で、我々にとって宇宙創造の源へ帰還するための次元移行については、『次元空間船』=『次元変容船』の便乗=同調が求められる。この『次元空間船』のことを『旧約聖書』では、別名:「契約の箱」といっていた。この「MATRIX」完成の『鍵』となるのがテトラグラマトンの4つ目の(HE)が完結したとき、それが起こる。

要するに、空間構造体の外枠の(HE)が同じオクターヴの「ド」(対角線上にある色分けした「ド」)がユニゾン共鳴したとき、空間構造体の中心の(HE)に二つの「ド/ド」 が収まる。その瞬間、宇宙創造の源へ次元移行が自動的になされる仕組みがある。このように結晶化が完成することで、ダイヤモンドのようにしっかりと重なり合って、二つの(HE)が内外共に結晶結合し安定するからだ。

つまり、これら空間構造体もイデアの結晶体から出来ており、このイデア結晶体には、質量というものを持っていない。つまり質量がゼロであり、時空間因果律の抵抗と歪みを発生させない。そのため、メッシュ状の構造を持ち、総てを透過させてしまう仕組みがそこにはある。そして、当然そこには朽ち果てる要素がないので、永遠の構造を有している。しかし、地上の総ての形あるものは、時空間的な抵抗や歪みを受けている。そのため、時間と共に風化し朽ち果てて行く運命にある。

キューブ
ガラス工芸家 「Jack Storms」 の作品!
(私は、これを見るたびに、『黙示録』の中にある「新しいエルサレム」を思い出す。)

聖書の「ヨハネの黙示録」では、「新しいエルサレム」が正立方体であり、それは神の栄光に輝く水晶でできた神殿だという。
(PDF:参照)


新しい「エルサレム」には、東・西・南・北それぞれに「12の門」があるという。これは、立方体である六方向の内、上下を抜いた前・後・左・右の四方向に聖なる三文字があり、これを 4方向×3文字=12の門という図式が考えられる。この新しい「エルサレム」とは、新しく誕生する「神の王国」を意味しており、更に言うと、『旧約聖書』エゼキエル書に出てくる次元空間船「メルカバー」と同一のものということになる。我々は、マカバをより高度に発展させた超空間船:「メルカバー」に乗って、「神の王国」へと至ることを最終目標に置いている。

現在、『次元空間船』のエネルギー生成の促進が加速しているが、最終的に目標であるMATRIXの完成が達成されれば、無限時間 / 無限空間を生きる存在として、地球はもとより宇宙そのものが再構成される仕組みがある。人間は、もともとイメージや様々な印象群を処理して生きるいわば、空間的なイメージ / エネルギーの中で生きる生命体であり、当然ながら空間の広がりや大きさも人によってそれぞれ違いがある。

この「アレク大空間」と直結した空間構造体(MATRIX)が出来上がったとき、その大きさは果たしてどのくらいの大きさを持っているのか?ざっと、全宇宙をスッポリと包み込むだけの広大な空間的広がりを持っているといえよう。それだけ巨大な箱を想像してもらえばよい訳だが、人間は無限大の空間を想起できない。無理もないが、人間はかつてこれだけの広大な空間を体験したことがないからだ。何故なら、宇宙全体はこの母体である「アレク大空間」から生まれたのだから。

新しい「エルサレム」
↑ キリスト教会の祭壇に安置されている立方体の
   新しい「エルサレム神殿」を模した台座

[edit]