FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

カテゴリー

ロズウエルに墜落したUFO、生き延びた宇宙人エアルの証言!(1/3) 



 Alien Interview ペーパーバック – 2015/9/6




 ここに本文を記入してください。1974年ニューメキシコ州ロズウェルの近くでUFOが墜落し、空飛ぶ円盤からエイリアンが救出されました。そのエイリアン(以下「エアル」と呼び、彼女はパイロットであり士官です。)に当時従軍していた看護師マチルダ・オードネル・マックエルロイがインタビューした記録です。1947年の7月から8月にかけてエアルにインタビューをテレパシーにて行われたとある。マチルダ・オードネル・マックエルロイから受け取った手紙、インタビューの謄本、そして個人記録から引用されている。彼女の手紙は、この資料は彼女とテレパシーを通して「話した」エイリアンの存在とのコミュニケーションの回想に基づいている。




以下は、私がマルチダ・オードネル・マックエルロイ、陸軍航空隊婦人部隊医療隊曹長、退役、から受け取った手紙の抜粋である。




1947年7月、ロズウェル陸軍飛行場(RAAF)は、飛行場に所属する第509爆撃大隊の兵員が、ニューメキシコ州ロズウェルの近くにある農場で墜落した「空飛ぶ円盤」を回収したという報道発表をし、メディアの過熱報道を引き起こしました。


墜落があったというニュースが基地で受信された時、私は防諜機関の士官であるミスター・カビットの車の運転手として墜落現場まで彼と同伴し、必要であれば必要とされる緊急医療手当を生存者に施すように求められました。




私が到着した時、その飛行船の一人が墜落を生き延び、意識があり、一見怪我していないようだった、という事を私は知りました。


私はこのエイリアンの存在は、その存在のマインドから直接投影された「精神的なイメージ」または「テレパシー的な思考」で私とコミュニケーションを試みている、という事を直ぐに感知し、理解することが出来ました。


私の任務はエイリアンとコミュニケーションを取り、インタビューし、私が発見した全てを指揮権者達に完全に報告する事でした。それ以降、私に軍事そして非軍事の人員が用意した特定の質問のリストが提供され、私がエイリアンにそれらを「通訳」し、提供された質問への答えを記録するとの事でした。




人類はこれらの文書に含まれている質問に対する答えを知る必要があります。私達は誰なのか?私達はどこから来たのか?地球での私達の目的は何なのか?人類は宇宙で独りなのか?他の場所に知的生命が存在するのであれば何故彼らは私達に接触していないのか?




地球に対するエイリアンの介入によるはるか昔から続く広範囲な影響を取り除くために効果的な行動をとらない場合に起きる、私達のスピリチャルそして肉体的な生存に対する壊滅的な結果を人々が理解する事は極めて重要です。


ただ1人、墜落を生き延びたエアルという名のエイリアンは、この宇宙ができるはるか以前から何兆年も生きているそうで、何でも、すべての感覚のある存在たちは不死のスピリチュアルな存在であるらしく、これは実は人間も含まれるとのこと。


エアルはその存在を「IS-BE(イズ・ビー)」という自分の造語で語り始めますが、これは不死の存在の第一の性質は彼らが時間の無い「IS(生存する)」という状態の中で生き、彼らの存在の唯一の理由である彼らが「BE(そうなる)」ということを意味しているそうです。つまり我々人間は、肉体を失って3次元的には死の状態にあっても、霊的には生き続けていて死ぬことは永遠に出来ないということです。




合衆国陸軍航空隊公式記録文書


ロズウエル陸軍飛行場 第509爆撃大隊


エイリアンインタビュー、1947年7月24日


第一セッション




エイリアン・インタビュー その1







エイリアン・インタビュー   その2







エイリアン・インタビュー   その3







エイリアン・インタビュー   その4







エイリアン・インタビュー   その5







エイリアン・インタビュー   その6







エイリアン・インタビュー   その7







エイリアン・インタビュー   その8







エイリアン・インタビュー   その9




スポンサーサイト



[edit]

« ロズウエルに墜落したUFO、生き延びた宇宙人エアルの証言!(2/3)  |  「宇宙人ヴァネッサの任務」 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://phenix2772.blog21.fc2.com/tb.php/39-0b02afc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)